RULEBOOK of 住工房傅 市川市の住宅建築設計


HOME > RULEBOOK

ルールブック

当社では建築設計から竣工までの設計から施工監理までの
ルールブックを作っています。(以下抜粋版)

業務内容
01計画案のルール

  当事務所では建主に住宅計画調書を作成していただいて、建築計画を進めます。
  基本計画が非常に重要だと考えます。そのため双方が納得行くまで計画案の
  修正・変更をおこない、練りあげたいと考えます。
  この計画過程は工務店やハウスメーカーなどには絶対出来ないことです。
  ちょっとした疑問点、質問、意見、提案など遠慮をしないで話してください。
  計画案がかたまった案で模型を作成して承認を頂き実施図面
  (見積もりが出来る図面)に移行します。
  成果物:計画案は1/100の平面図、模型は1/100の外観模型

02実施設計のルール

実施設計は具体的に見積もりや施工できる図面を作ります。
  計画案を忠実に再現して、現実的な材料の選択、納まりやコストも吟味して
  行くのが、この実施図面の作成作業です。建主に内装や外装のイメージ、
  設備機器の具体的な希望を伺いながら図面に反映して行きます。

実務内容        
地盤調査  :調査はスエーデン式地盤調査として基礎設計に先だって行なう。
設計図の内容:設計概要書、仕様書-以上共通事項図
外部仕上表、内部仕上表、案内配置図、面積表、平面詳細図(1/50)、
屋根伏図(1/50)、立面図(1/100)、断面図(1/100)、矩計図(1/30)、
天井伏図(1/50)、展開図(1/50)、建具キープラン(1/100)、建具表(1/50)
-以上意匠図
基礎伏図、床伏図(1階、2階)、小屋伏図、軸組計算-以上構造図
電気設備仕様書、照明機器リスト、電気設備位置図(1/50)-以上電気図
給排水設備仕様書、給排水機器位置図(1/50)-以上設備図
上記が設計図書一式となります。

03工務店の選定のルール

設計図面が出来上がったら、工務店選定のため2~3社見積もり
  依頼をします。
  工務店も千差万別。自分たちにあった工務店を見極めましょう。
  工事金額だけでなく、出来上がってからもお付き合いできる工務店が理想です。
  知り合いの工務店がある場合、見積もりは参加してもらい、
  最終的には過去の建物などを見せてもらって総合的に工務店を選定しましょう。
  予算調整も工務店によって「安くするから仕事をさせて欲しい!」と言われますが、
  この言葉はすごく危険です。
  工事契約前に具体的になぜ安くなるのか確認して納得して進めます。


設計監理のルール

設計監理は施工中、図面通りに作られているか、確認することが目的です。
  その他、細かな納まりの検討、施工図の検討確認、検査の手配など、
  そして出来上がっていく家を見ながら、空間の構成や納まりの説明、
  コンセントやスイッチの位置の確認などをしていきます。
  具体的な設計監理は「現場監理項目チェックリスト」に基づいて工事監理を進めます。
  施工期間中、現場には、なるべく見に行ってください。
  そして、職人さんに声をかけてください。不備な部分や疑問点などがありましたら、
  直接職人さんには言わないで、現場の監督か設計者につたえてください。

構造設計のルール

バランスのいい構造計画を心がけています。
  構造材は無垢材を使用して乾燥は急激な乾燥をおこなわないで、完成まで
  に概ね含水率22%以下になるように指導しています。
  産地は極力、有名国産材を使用を構造基準は建築基準法による
  構造等級1の設計を基準としています。

※構造等級1とは数百年に一度発生する地震(震度6強、震度7)で倒壊、崩壊しない。
数十年に一度発生する震度5強で損傷しない程度の構造とされています。
なお、長期優良住宅や性能表示などの場合は構造等級2(等級1の1.25倍の地震力)
構造等級3(等級1の1.5倍の地震力)となります。
基礎及び横架材(梁材など)の設計は、日本住宅・木材技術センター発行のスパン表に
基づき設計しています。
基礎のコンクリート強度は住宅金融普及協会の木造住宅工事仕様書に基づき、
通常は呼び強度24nとしています。

環境と体を守るためのルール

基本は家づくりに使用する材料は極力、土に返る材料。リサイクルできる
  材料を使い、製造過程でもより環境負荷(CO2の排出の少ないもの)の
  少ない材料を使います。
  体に有害な化学物質を含まない材料を使用して家づくりをします。

楽しく家づくりをするためのルール

住宅建築は、何かと問題の生じることが多いものです。
  その間題のほとんどは誤解や基本的認識の違い、もしくは情報伝達の
  不足やゆき違いなどに端を発しています。
  コミュ二ケーションギャッブを少しでも減少させるため。
  また問題が生じてもそれを共に克服していく意志を堅持し続けること
  が必要と感じています。
  小さな疑問でも、遠慮などしないで問いかけてください。
  設計契約書にも「お願いごと」として載っていますのでお読みください。

設計設計監理料とその価値のルール

設計を住宅設計の専門家に依頼することは、希望する住宅を作るための最良の
  選択だと思います。しかし、最良の家を持つには、専門家任せにしていてもダメだ
  と思います。
  建主としても、いかに設計者をうまく働かせるか(機能させるか)それゆえ何が
  設計料を安いものにするか、高くつかせるかの分かれ目になると思います。
  設計者を活用して付加価値の高い住宅を建ててください。

注意事項
●設計受注規模は4号建物程度までとしています。それ以外の建物等はご相談下さい。
(地下0.5階 地上2.5階までが当事務所の設計規模としています。)
●上記の設計監理料は設計と設計監理が含まれます。
(確認申請図書1式、基本設計図、実施設計図1式、模型作成費(模型1個まで)、
設計監理による現場確認、建主打合せ、見積調整及び工事業者決定のための助言)
●特殊な構造で構造計算が必要な建物は別途構造計算料を請求いたします。
(通常の木造2階建て程度であれば必要ありませんが、長期優良住宅
等の場合は構造計算必要としていますので別途構造計算費が発生します。)
●フラット35等の融資をうける場合手続き作業量として+15万円になります。
●敷地測量図等がない場合、測量図を作成してもらいます。
(通常土地の購入時に敷地測量図は購入費に含まれます。)
●確認申請、完了申請等の申請提出先は当事務所指定の申請機関とさせて頂きます。
別途申請手数料は請求させて頂きます。
●地盤調査は別途とします。木造2階建て程度であれば、
スウェーデン式サウンディング試験となります。
(参考に事務所専属機関だと税込み42000円です。)
●その他別途申請が必要な地域、区域に敷地がある場合は
その都度請求させて頂きます。
●当事務所は賠償責任保証補償制度(設計の保険)に加入しており、
その範囲内の設計業務となります。

○会社概要 有限会社住工房傅  代表 星哲郎
○設計事務所の登録:県登録  管理建築士 星哲郎 
  所在地:千葉県市川市国府台6-14-3
○資格 1級建築士、2級建築士、木造建築士
○建築設計の保証 :保証賠償責任保証補償制度に加入
○自立循環型住宅設計の修了
仙台アトリエ 傅工作舎 設立予定(平成24年春)

その他、主なルール(内容は省略します。)

機能性のルール(機能的な間取り、無駄の無い間取りなど)
美しい空間のルール(豊かで美しい空間を創ること)
窓と通風のルール(風が入る窓と出て行く窓)
収納のルール(どこに収納が必要か)
階段と吹き抜けのルール
(階段は1階と2階を結ぶもの、吹き抜けは穴が開いているだけではない。)
あかりとコンセントとスイッチのルール
日射と温熱環境のルール(太陽の光の入れ方、断熱材の選定)
真の健康住宅のルール(床の下、壁の中、天井裏の空気も循環させたい)
より具体的な構造のルール:(基礎や材料のこと)
設備のルール(隠すだけが配管じゃない。時には表すことも。)
細部の計画のルール(細かなこと思うがままに決めていること。)
ローカルなルール(地鎮祭や上棟式などご祝儀はどうするの?お茶だしは?)
住むことのルール

以上のルールを定めています。
設計契約時に仕事の進め方として詳しく説明させていただきます。
家づくりは何かとわからないことがあり、不安になると思いますが
その『不安』を少しは解消できるのではないか?と思ってルールブックを作りました。